リビング

バックパッカー注目の民泊サービス

変わったインテリア

世界中にいるバックパッカーと呼ばれる人たちは、大きな荷物を背中に背負い、そして安いホテルやゲストハウスといったところに宿泊して、その土地をゆっくり観光したり、地元の食事を楽しんだりしますが、そのような人たちが、もう一つやってみたいことというのが、民泊登録というものであり、ホストになってくれる現地の人と一緒に交友し、そしてその家に滞在するということです。それをすることのメリットというのは、現地の人たちの生活を知ることができるということであり、生活スタイル、そしてローカルの食事、また家の中の独特のものを見たり聞いたりするという機会があります。
民泊登録しなければわからなかったであろう、地元のかなりマニアックなレストランや食堂を教えてもらうことや、ちょっとした隠れ家的なところまで案内してくれるかもしれません。そのような実に刺激的な体験をすることができるかどうかというのは、民泊を利用するかどうかにかかっているともいえるかもしれません。民泊登録専用のサイトがあり、そのサイトを通して自分が行きたい旅行先の民泊提供をしている物件そしてホストを見つけることができ、事前に詳しい打ち合わせをすることで、トラブルを減らすことができます。

民泊開始前に知っておきたい旅館業法

民泊登録を始めたいと思っている場合、開業準備の上で特に重要なのは、やはり「旅館業法」に通じることでしょう。無許可営業の民泊登録者が摘発される問題も起きていますから、きちんと法律に則った形で開業したいですね。では、旅館業法とは何でしょうか。
旅館業法とは、国の法律の一つで、旅館業の定義や、どのような条件を満たしている場合に許可が出るのかなどの大まかなルールが定められています。また、旅館業法では扱われていない細かな点については、旅館業法の下に制定された「旅館業法施行令」があります。旅館業を営みたいと考える場合、このどちらにも精通する必要があるでしょう。では、旅館業法には例えばどんな内容が含まれるのでしょうか。
例えば、旅館業と賃貸業はどう違うのかという点です。旅館業法によると、決定的な違いは、その部屋の管理責任が誰にあるのかという点です。賃貸業で部屋を貸し出した場合、その部屋は、借主の生活の本拠となって、部屋の管理責任は借主にあります。でも旅館業の場合、部屋の管理責任は貸主である営業者にあるということです。
民泊登録は一種のビジネスです。時間がかかるかもしれませんが、きちんとルールを学んでから始めるようにしましょう。

民泊の力で日本の未来を切り開く

民泊という言葉が最近よく聞かれます。民泊とは一般的には普通の家庭で旅行者を受け入れることです。よく、テレビ番組などでホームステイする外国人を見ますが、あのようなイメージのものです。日本人にはあまり人の家に泊まるという感覚に違和感を覚えるかもしれません。
しかし民泊登録には日本を変える大きな力があるかもしれません。地方では空き家問題が顕著になりつつあります。逆に都市部では土地が足りず宿泊施設に限界もあるでしょう。そんなときに、民泊を利用する旅行者がいればどうでしょうか。治安を心配する声もあるかもしれませんが、外国人でも日本人でも皆同じで悪い人ばかりではありません。
民泊を利用する旅行者が増えれば、空き家利用や都市部での観光客の増加も見込まれます。地方でも民泊した旅行者が近くを散策したりすることで賑わいをみせる可能性もあります。さらに民泊登録の一番いい面は様々な人と交流できることです。最近はネットで簡単に交流することができますが、それは画面という壁があります。
しかし民泊には壁はありません。人と人が直にふれあいます。旅行者は家庭のあたたかさや、日本の素晴らしさを知るでしょう。泊める側は様々な人との交流のなかで視野が広がるでしょう。究極的には世界中が日本の良さ、文化の良さをしるかもしれません。日本人旅行者なら、日本という国の素晴らしさを実感するでしょう。民泊登録にはそんな素晴らしい力があると思います。

UPDATE LIST

赤いソファ

民泊の定義

新聞やテレビで、「民泊」という言葉を見聞きしたことがお…

Read More
木の椅子

マンションは民泊で使えない無い理由

民泊ビジネスとは、基本的には空き家を活用して宿泊施設を…

Read More
シンプルな部屋

民泊ビジネスでの価格の設定の方法

民泊ビジネスに関わってみたい、特に空き部屋を活用して収…

Read More
素敵なキッチン

思い出を泊まり先で作りたいなら

今から旅行をしようと思っている方、泊まる場所はもう見つ…

Read More